貸切バスの進化と選び方

貸切バスの進化と選び方 貸切バスといえば、学生の頃に修学旅行や遠足で利用した観光用の大型バスを真っ先に想像する方もいるでしょう。
一方で、会社の慰安旅行などで利用したバスを連想する方もいるかもしれません。

一言で貸切バスと言っても、ミニバスから大型バスまでと大きさだけでなく、カラオケやビールサーバーが設置されているバスなど、実にさまざまな種類があり、使用目的や利用人数によってどのバスを借りるかが変わってきます。

観光だけに限らず、結婚式や葬式の送迎でも、貸切バスは活躍してくれます。他にも、研修や接待、スポーツ大会の移動など、送迎という点だけでもありとあらゆるシーンで活用されています。
会場まで距離がある場合や、多人数でまとまって移動する場合には、個別で行くよりもずっと合理的です。目的地が不慣れな場所にあった場合でも、道に迷う心配はいりません。
また、貸切バスツアーのような場合であれば、あらかじめ集合場所と時間が決められているので、個人で行動するときには付きものである目的地までの所要時間を計算する手間を省くことも出来ます。

友人同士での旅行にも、貸切バスはおすすめです。少人数の場合は小型のマイクロバスのような小型のバスもありますし、席がテーブルを囲むように円状になっていて、みんなでの会話を楽しむことができるものもあります。
仲の良い友人との旅行となると、楽しい話題で盛り上がり、大きな声で話してしまいがちです。貸切バスであれば自分たちのみの空間になるため、周囲に遠慮することなく大いに会話を楽しむことができます。

成人されている方々であれば、ビールサーバーが設置されているバスもあり、食べ物を持ち込んで小規模でありながらも立派な宴会を楽しむことも出来ます。バスでの旅行になると、大きな問題の1つとなってくるのがトイレです。団体行動の場合は、トイレに行く機会も限られてくることが多いでしょう。バスの中で飲食を楽しむ場合ですと、特にトイレに行く機会が増えてしまいます。しかし近年では多くのバスにトイレが設置されており、今や貸切バスにトイレが設置されていることは当たり前となっています。

さらに、観光や送迎のみなど、利用目的を一つに絞ったものだけではなく、複数の利用目的を組み合わせた新しい貸切バスの活用法も、最近では取り入れられています。
例えば、旅やグルメを楽しみながら生涯のパートナーを探す「婚活バスツアー」や、ホテルと空港間の送迎中にちょっとした観光を取り入れるといったものもなどが挙げられます。
貸切バスの利用目的も、その使用方法も、時代の変化とともに今までにはないようなバラエティーに富んだものになってきています。

今や変幻自在とも言えるほど、利用目的により臨機応変にその姿を変える貸切バスですが、利用をする際には、運行会社選びに細心の注意を払う必要があります。
「最初の見積金額が安かったから」という理由だけでバス会社を選ぶ方がしばしば見られますが、金額だけで選ぶと失敗に繋がることがあります。

運転手の不適正や、過重労働など、近ごろのニュースでしばしば取り上げられている事件は、決して他人事ではありません。そこまで大きな事件に発展しなくとも、乱暴な運転やバスのメンテナンスが行き届いていないなど、利用者が明らかに不快に感じる状態を意に介さない会社もあります。また、万が一何かが起こってしまったときに、補償が十分でない場合や、代替案が用意されていないことなどと、その後の対応に差が出てくることも考えられます。
バスを利用するときには、金額が安いだけではなく、全体的に見てコストパフォーマンスが高くて信頼の置ける会社を選ぶことが大切です。

最新ニュース